サイト内検索

奈美SOS! 淫魔ハンターズ(単話) シリーズ一覧

※バスケットに入る商品の数には上限があります。

※読める期間が選べる作品の場合、無期限の作品が追加されます。

新着通知設定 :
作品
新着通知管理ページ
  • 単話
    • 1話
    • 324円
    強くて美しい、淫魔ハンターズの中でもリーダー的存在の景子。しかし彼女は今、性欲の虜となってしまっていた!!原因はハンター特有の症状、『さかり』。『淫美の目』から流れたフェロモンを体から放出させるために、Hがしたくて仕方がなくなってしまう。オナニーで何度イっても収まるどころか、ます...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 2話
    • 324円
    ハンター特有の症状、『さかり』によって欲情してしまった景子。部屋に弟の毅が入ってきたことにも気付かずにオナニーを続け、ついには後ろから襲われてしまう!!バックからおっぱいを揉みしだかれ、オマ○コをいじられて…。口では拒絶するが、欲情したカラダはもっといやらしいことを求めてしまう…...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 3話
    • 324円
    景子は毅を興奮させないために、色気がなくて脱がせ難い服に着替えることに。しかし、その服はなんとスクール水着…!!大好きなお姉ちゃんのスク水姿に毅は大コーフン。秘蔵のバイブを景子のオマ○コに抜き挿ししながら、美味しそうな乳首に吸むしゃぶりつく!!一方、リーダーの景子なしで淫魔との戦...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 4話
    • 324円
    バイブで絶頂に達した景子はフェロモンを放出。景子は楽になるのだが、代わりに毅がそのフェロモンでどんどんHになってしまう…。毅がバイブの次に用意したのは、レズ用のペニスバンド。だけどパンツから出ているのは、おもちゃではなく本物の毅くんのチ○ポ!!夢にまで見た、大好きなお姉ちゃんとの...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 5話
    • 324円
    一方、淫魔ハンターズは『防具を付けた淫魔』との戦いを始めていた。しかし、今まで数々の淫魔を倒してきた直子の空気砲ですら、この淫魔には全く通用しない!!そこにやって来たのは関西からの助っ人ハンター・三条めい。彼女も自慢の武器で切りかかるが、やはりキズ一つ付けることが出来ずに、逆に淫...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 6話
    • 324円
    SOS信号が出ていたポイントに奈美と委子がやって来た時には既に敵の姿はなく、めいの母親・三条はるかがおろおろと辺りを見渡していた…。一方、『簡易空間』に引き込まれためいは、直子とはぐれてしまっていた。その上、油断したスキをつかれて淫魔の触手に自由を奪われてしまう。その周りには大勢...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 7話
    • 324円
    めいと別空間に送られた直子は、ついに淫魔の倒し方を見付け出した!!しかし別空間にいる淫魔は気に留めることもなくめいを犯し続けていた。抵抗虚しく、めいは膣内にチ○ポの侵入を許してしまう…。オマ○コの感触を確かめるようにゆっくりとチ○ポを抜き挿しする淫魔。処女を淫魔相手に散らすことに...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 8話
    • 324円
    めいの叫び声を聞き付けた景子だが、まだ『さかり』の状態から立ち直っていなかった。助けに行こうとするのだが、そんなことは知らない毅は激しく景子を責め続ける。そして景子も膣内をコスり上げるおもちゃ(本当は毅のチ○ポ!!)の快感に流されてしまう。その時、窓の外に人影が…。景子から放出さ...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 9話
    • 324円
    フラつく景子を淫魔達から救ったのは、通称『ハク』こと白水雅(はくすいみやび)であった。ハクの姿に安心した景子は、意識を失ってしまう…。一方、奈美達も淫魔に襲われていた。奈美や委子も抵抗するが、『防具を付けた淫魔』達には通用しない。取り押さえられると成す術なく犯されてしまう。空中で...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 10話
    • 324円
    淫魔の提案を受け、はるかは『簡易空間』に消えていった。残された委子は、成す術なく淫魔達に犯されてしまう。肉付きのいい腰を淫魔が掴んで動かすと、チ○ポを突っ込まれたマ○コがグチュグチュとイヤらしい音を立てて愛液を溢れさせる。無力感を感じながら犯され続ける委子が見たものは、はるかが使...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 11話
    • 324円
    騎乗位で腰を揺らされ続ける奈美。あまりの具合の良さに、淫魔はたまらず大量に中出ししてしまう。ドロリと精液が流れ落ちる奈美のマ○コに、次の淫魔がチ○ポを突き立てる。愛液と精液が混じったマ○コからはさらにいやらしい音が響き渡り、ガマン出来なくなった他の淫魔が奈美のアナルに狙いを定める...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 12話
    • 324円
    メイを助けるために淫魔の誘いに乗って『簡易空間』へ飛び込んだはるか。メイの所へ案内してもらうために、淫魔のされるがままに体を任せる。両乳首を摘まれながらマ○コをワレメに沿ってなぞられると、いやらしい愛液が溢れ出しジュプジュプと水っぽい音が股間から聞こえてくる。膣内に溜まった愛液を...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 13話
    • 324円
    ついにハクの因縁の相手で、淫魔達に『防具』の能力を与えた男・村正がその姿を現した。怒りのあまり『簡易空間』から溢れ出すほどのブリザードを巻き起こすハクを、村正はあざ笑いながら再び姿を消した…。数日後、淫魔達はほぼ壊滅し、『簡易空間』で戦ったハンター達も全員無事に戻った。だが村正は...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 14話
    • 324円
    路上で奈美を襲った相手の正体は、淫魔ハンターの一人・めいだった。めいは「さかり」で休養中の景子の頼みで、奈美の監視役兼ボディガードとしてやって来たのだ。突然のことに驚いた奈美は、思わず「力」を解放してしまいめいを巻き込んでしまう。めいは素質の差、さらには憧れの景子が奈美に一目置い...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 15話
    • 324円
    奈美のお兄さんと特訓中だった千里だが、ムラムラしてきたお兄さんに襲われてしまう。オッパイをあらわにさせられた状態で揉みまくられる千里。パンツの中に手を突っ込まれてマ○コをいじられると、愛液でグチュグチュとイヤらしい音が響き渡る。お兄さんの巧みな指ワザに、千里はあっという間にイって...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 16話
    • 324円
    お兄さんに欲望のままハメまくられる千里。いつもより激しいチ○ポの出入りに、千里のマ○コは愛液を噴き出しながらグチュグチュとイヤらしい音を立てる。様々な体位で千里の体を味わい尽くすお兄さん。まるでレイプのようなSEXに千里は「壊れちゃう…」と思わず声を上げる。お兄さんがイきそうにな...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 17話
    • 324円
    再び対峙したハクと村正。ハクは村正を変えるきっかけになった『ある日』のことを思い出す…。一方、はるかは都内のホテルで休息を取っていた。しかし決まって見る夢は、成すがままに淫魔に犯された時の悪夢…。淫魔ははるかの「やめて」という言葉も聞かず、亀頭を彼女の膣口に押し当てるとそのまま一...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 18話
    • 324円
    淫魔にレイプされた記憶を夢に見てしまうはるか。しかし実際に犯された時にはその場にいなかったはずの村正が夢の中に現れる。抵抗も出来ずにただ淫魔に犯される夢を見ているはるかに、レイプ願望があるんじゃないかと囁く村正。はるかは否定するが、チ○ポを受け入れている秘唇からはダラダラと愛液が...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 19話
    • 324円
    『淫美の目』レプリカを体につけて姿を消した村正。しかしその数日後、村正が苦しみながらハクの前に現れる。1つだけでは飽き足らず、体中に『淫美の目』をつけてしまった村正…。ハクはそれを1つ1つ凍らせて取り除いていくが、『淫美の目』は体の中から次々と生まれてくる。そして『淫美の目』に操...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 20話
    • 324円
    嘘をついて呼び出したハクを原っぱで無理やり押し倒した村正。その体は淫魔化が進み、まるでペニスのような太さの舌がハクの膣内をズブズブと侵食していく。ハクは人間離れした村正の力に抵抗できずになすがまま。ゴムマリのような胸から乳頭がぷっくりと勃起し、舌が差し込まれた膣からはとめどなく愛...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 21話
    • 324円
    村正のピンチを助けるために集まってきた淫魔たちは、ハクを捕まえて身動きできない状態にしてしまう。その「ご褒美」として、村正は淫魔たちにハクの体を弄ぶことを許可する。大喜びでハクの体に群がる淫魔たち。股とビラビラを広げてポッカリ開いた膣穴に指を突っ込み、ゴムマリのような乳房から勃起...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 22話
    • 324円
    「レイプ」という最悪の形で結ばれたハクと村正。村正は興奮のあまり力まかせに腰を振り、ハクの膣内にドピュドピュと大量のザーメンを放出する。失神したハクは、村正との思い出を夢に見ていた…。次にハクが目を覚ますと、そこは簡易空間の中。大勢のハンターたちを、その何倍もの淫魔たちが輪姦する...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 23話
    • 324円
    「奈美さんならきっと村正を元に戻せる」――ハクの辛い過去を聞いた千里は泣きながら語りかけた。ハクは初めて聞く名前のハンター・小石川奈美に望みを託す…。一方、奈美は気絶しためいを介抱していた。そこに突然、空から女性が降ってきた!彼女もハンターの一人・はるかなのだが、初対面の奈美はそ...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 24話
    • 324円
    村正の分身たちは、はるかの意識が無いのをいいことに彼女を操り奈美を犯し始めた。分身の一人がはるかの股間にくっつくと男性器の形に姿を変え、はるかの体を使って奈美にイラマチオをさせる。なんとか抵抗を試みる奈美だが、「何かしようとするとはるかがケガすることになる」と聞かされ、結局なすが...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 25話
    • 324円
    ついにはるかの股間につけられた「村正チ○ポ」が奈美の膣内に挿入されてしまった。奈美の極上マ○コの感触は村正に自動で伝わり、たくさんの分身たちが好きな角度で美少女同士のセックスを見るという、普通の人間には体験できない快楽を楽しむ。一方、奈美に気絶させられためいはようやく目を覚ました...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 26話
    • 324円
    メイの必死の呼びかけによってはるかは意識を取り戻した。だが『トランシーバー』からメイの声は聞こえなくなり、そして粉々に砕け散ってしまう。それは、メイの命が消えていっていることを意味していた。怒りに我を忘れて攻撃を始めるはるか。村正は慌てて逃げようとするが…。一方、景子は『さかり』...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 27話
    • 324円
    奈美からのSOS信号を受け取った景子はメイを助けるために海に向かおうとするが、『さかり』のせいで空を飛ぶどころか、まともに歩くことすらできない。倒れている彼女の目の前に1台の車が…。景子は彼らの車に乗せてもらい海に行くことにしたが、彼女が動くたびに男の手がオッパイに当たったり、男...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 28話
    • 324円
    景子のカンに従って上級淫魔が眠る場所に向かった委子。そこで上級淫魔の『念』による攻撃を受け、上級淫魔が復活しようとしていることを確信する。さらに、そこで村正が持っている『淫魔の目レプリカ』を見つける…。一方、車で海に向かっていた景子だが男たちによってほぼ半裸の状態にさせられていた...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 29話
    • 324円
    淫魔ハンターの一人であるハクは、淫魔化した最愛の人、村正を自らの手で葬り去ろうとしていた。なんの情け容赦もない渾身のパンチを食らって痛みに苦しむもがく村正。その影響は、離れた場所で淫魔ハンターと戦っているドロ人形たちにも及んだ。一時は動きの鈍ったドロ人形たちは暴走し、巨大な触手の...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 30話
    • 324円
    淫魔ハンターの一人、ハクがかつて最も愛した人は、すでに淫魔と化していた。自らの手でとどめをさそうとするハク。だが、仲間に止められて、もう少しだけ奈美の到着を待つことに。奈美だったら彼を救う可能性がゼロではないのだ。しかし、その間にも淫魔の体は再生の兆しを見せ始める。その頃、景子は...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 31話
    • 324円
    熱で苦しみながら車の中で犯される景子。男達もなぜ自分がこんなことをしているのかよくわからない。だが、今自分が感じている快感に逆らうことができないのだった。人間とセックスをしたことのない景子にとっても、精神的なダメージは大きい。しかし、それを乗り越えて仲間の救出に行かなければならな...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 32話
    • 324円
    自分のさかりが押さえられず、男たちに犯されながらも抵抗できない景子。一方、奈美は海に落ちた女の子の救出に向かっていた。ようやく海底で仮死状態になっていた女の子を見つけるが、奈美の体力はもう限界。海上に浮かび上がるまで自分の意識が持つかどうか自信がない。イチかバチか、SOS信号をフ...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 33話
    • 324円
    奈美のSOS発信は、ハクのもとへと届いた。かつて最愛の人であった村正を、今まさに淫魔として葬り去ろうとしていたハクだったが、奈美を救助するため、海へと向かう。それは、村正を助ける最後の一縷の望みでもあった。しかし、村正の体は無惨に崩れながらも暴走を始める。自分がコントロールできな...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 34話
    • 324円
    奈美が一度は倒したはずの上級淫魔。彼はなぜか生きていた、村正の体を乗っ取って。村正は触手にまみれた怪物として暴走し、淫魔ハンターに襲いかかる。もしもハクがこの場にいたら、村正を今でも愛しているハクは、彼の望み通り彼を殺してしまっただろう。ハクがこの場にいなくてよかったのか、この勝...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 35話
    • 324円
    千里は、村正に宿っていたのが上級淫魔だということを犯されながらも見抜くことができた。一度は倒された上級淫魔だったが、その意志は『実』として森の中に残り、全くの偶然で村正に宿ることになったのだ。人の手に渡れば『実』はオートマチックに増殖する。それが進化して『淫美の目』レプリカになっ...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 36話
    • 324円
    淫魔の中から現れたのは、景子が関西から呼んだハンターだった。すでに捕らわれており、養分を淫魔に吸い取られていたのだ。彼女の疲れ切って反撃する様子もないのを見て、千里はかなり危険な状態だと判断する。下手な反撃をすれば村正の命も危ない。死にはしない程度のショックを与えると、触手の拘束...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 37話
    • 324円
    千里の危機に、ようやく景子は間に合った。淫魔が動きを止めたのは、千里の電撃ではなく、景子の攻撃だったのだ。そして千里の電撃で、メイは意識を取り戻さないまでもオートマチックな戦闘力だけは回復する。その数分前まで、景子は「さかり」が押さえられず、ゆきずりの男たちとカーセックスをしてい...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 38話
    • 324円
    千里のもとに景子が駆け付ける僅か数分前、景子は男たち二人を相手に「さかり」を乗り切ろうとしていた。慣れない人間相手のセックスに、彼女は快感だけでなく嫌悪も感じる。だが、これはハンターにとって必要な試練だった。景子の古いフェロモンは排出され、新しい能力に必要なスペースが生まれようと...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 39話
    • 324円
    景子の体から『さかり』が引いてゆくと同時に、熱く若々しいエネルギーが体中をかけめぐり、左右対称のゴールドスーツが彼女を包んだ。だが、景子を抱いていた二人は、大量のフェロモンの効果で性欲を止めることができない。景子の今の力なら彼らを振り払い脱出することもできるが、それではあまりにも...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 40話
    • 324円
    景子は新しい能力によって、仲間の危機的状況をありありと見ることができた。はるかと千里は巨体の敵に捕まっている。そしてその巨体の下腹部にいるのは村正だった。彼女達の痛みがありありと景子に伝わる。巨体は海流を利用して日本各地へ移動しようとしていた。景子の新しい防具は彼女の変わり身を作...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 41話
    • 324円
    景子の攻撃は、一撃ごとに火柱が太くなり、敵の巨体をしとめられるかと千里に思わせる。しかし、まだ油断はならない。敵が海に出て海流に乗ってバラバラに逃げたら最悪の事態となる。その頃メイは海の中で不思議な泡に包まれて守られていた。その一つ隣の泡では奈美が触手に犯されている。メイは助けら...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 42話
    • 324円
    メイに語りかけてきたのは北からのハンター、ハクだった。メイと奈美は海底で淫魔の能力のカベのようなものに囲まれている。一方、景子と合流した千里は一瞬の油断から淫魔に捕らえられてしまった。『実』が千里に幻覚を見せるつもりだと感じ取った景子は千里に今から見るものを信じるなと叫ぶ。次の瞬...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 43話
    • 324円
    景子は、淫魔の巨体が海へと侵入するのを阻止することが優先と判断し、千里の救出を後回しにすることにした。その間、千里は淫魔の作りだした幻覚と闘わなければならない。大勢の男たちが自分を嬲る感覚はあまりにもリアルで、千里の苦悶はただごとではない。しかも、その男たちの中に、淫魔は千里の父...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 44話
    • 324円
    淫魔の作りだした幻影の中でもがき苦しむ千里。その中で彼女は父と兄に犯されていた。これがただの幻覚だと分かっていても、痛みも混じった快感はまるで本物のよう。ニセモノでもこれが記憶に残れば次に父に会う際には顔をまともに見られない。幻影の父が言う下卑た言葉嬲りに、千里は「パパはそんな人...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 45話
    • 324円
    千里は幻の世界の中で、父と兄に犯し続けられていた。そこにやってきたのは景子。千里は景子の幻影までが見えたのかと驚く。しかしそれは本物の景子だったのだ。景子はここから早く逃げ出すようにと千里に促す。そのためには千里がこの虚構世界が現実ではないと強く否定しなければならない。一方、現実...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 46話
    • 324円
    ようやく奈美に助けられたメイ。彼女は奈美が見せた、巨大な淫魔と闘うはるかと景子たちの映像に驚く。どうやら村正は淫魔の体内で、その巨体を抑えて動きを鈍くしているようだ。ハクに奈美を任せて現場へと急行するメイを見て、ハクは景子の熱血と無鉄砲ぶりによく似ていると微苦笑する。今なら間に合...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 47話
    • 324円
    はるかは、一人で淫魔と闘っていた。メイの励ましの言葉を脳裏に浮かべ、激しく攻撃しながらも景子たちを守り抜く。淫魔の体内には村正もいるので、それをよけながら、形状変化合金で淫魔の巨体を地面に縫いつけることに成功した。その時、爆炎の中から景子と千里が出てくる。脱出に成功したのだ。メイ...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 48話
    • 324円
    奈美は、村正救出のヒントを求めて、ハクの過去を透視する。村正が『実』と出会った頃へと意識を飛ばすと、そこには勉強をしている二人の姿があった。頭をかきむしりながら問題に食らいつく村正と、一生懸命教えているハク。村正の成績にイラつくハクは、5科目300点取れば乳だろうがどこだろうが好...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 49話
    • 324円
    奈美はさらにハクの過去を見る。ある戦いでハクは淫魔の毒を目に浴びて、人気のないところでじっと回復を待っていた。そこにやってきたのはいかにもアブなそうなおじさん。おじさんは介抱する様子でハクに抱きつくが、それが親切心からなのか、スケベ心からなのかはよく分からない。ついおじさんに怪我...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 50話
    • 324円
    奈美はさらにハクの記憶を辿り続ける。ハクは見知らぬ怪しいオジさんに家へと連れ込まれ、そのままイタズラされていた。この映像には何か意味があるのだろうか。もしそうなら奈美はたとえ辛くてもそれを見届けなければならない。視力を一時的に奪われているハクは自分がどういう状況にあるのかも正確に...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 51話
    • 324円
    ハクは、見知らぬおじさんに家に連れ込まれ、なりゆきでイタズラされてしまう。パンティーの中にチ○ポを入れられこすりつけられると、まるで本当のセックスのように感じる。熱い精液をぶちまけられ、ハクはおじさんをいい人だと思っていたことを泣きながら後悔する。そのまま犯されてしまうハクを、奈...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 52話
    • 324円
    知らないおじさんに家に連れ込まれ、そのままイタズラされてしまうハク。一時的に視力を失っているので思うように抵抗できない。クンニをされながらフェラを強要される。その頃、村正はハクを探してこちらへと向かっていた。ハクが持っているGPSで居場所をつきとめたらしい。しかし、今この場に村正...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • (1)
    • 53話
    • 324円
    見ず知らずのおじさんに家へと連れ込まれ、犯されてしまうハク。おじさんは悪い人ではないとはいえ、もはや理性で欲望を抑えられる状態ではない。その様子を見ながら、悔し涙を流す奈美。必死になってハクを探す村正に、ハクの居場所を教えることもできない。人間との初めては村正が相手だと心に決めて...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 54話
    • 324円
    ハクのピンチを察知して、街を探す村正。しかし相手は人間なのだ、手に持った棒で叩けば大事になってしまう。奈美は焦るが、これは過去のすでに起きてしまったこと、干渉はできない。そして、ハクは際限なく犯され続けている。村正はハクを助けるために『実』を取り出した。それさえ身につければハクを...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 55話
    • 324円
    村正が淫魔化するその瞬間を目撃してしまった、奈美。しかしそれは過去の出来事を見ているだけなので、彼女にはなんの手出しもできない。レイプされているハクの気配を敏感に感じ取った村正だが、先程までの「ハクを少しでも早く助けたい」という気持ちは吹き飛び、「どうせ死にはしねぇだろ」とか「気...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 56話
    • 324円
    千里は、村正のいる腹部を避けて淫魔を攻撃する。そうして巨体の肉体を少しずつ削り落とそうというのだ。そしてメイは淫魔の体を少しずつではあるが、燃やし尽くすという方法に出た。倒す目処がついたところで、奈美は村正を救出しようとハクに提案する。もはや村正のことは諦めかけていたハクにとって...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 57話
    • 324円
    淫魔の中には簡易空間があった。どうやら村正はそこに圧縮されて閉じこめられているようだ。外からの救出は無理と考えた奈美は、ハクと共に淫魔の体内へと向かう。闘いながらそれを見守る景子は、二人の成功を信じて疑わない。淫魔の中で無数の手が伸びてくる。それを振りほどくハクだが、奈美はなぜか...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 58話
    • 324円
    奈美とハクは淫魔の簡易空間に来てしまった。ここでは攻撃しても幻影にしのがれてしまう。多数の触手が体を這い回る中、奈美は淫魔が自分の目の前に来るその時を待っていた。淫魔にとって奈美は計画のみならず肉体までをも壊した苦手な相手だったのだ。奈美とハクの前に姿を現した淫魔は、すでに意志だ...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 59話
    • 324円
    淫魔の胎内で犯し続けられる奈美。触手だけでなく、人の形をしたものに襲われる生々しさに彼女の意識は飛びかけるが、そうなったらハクがただでは済まない。しっかりと射精されている感覚まであるおぞましさに奈美は泣きながらもこらえる。一方ハクは淫魔の身体の中で村正を見つけた。それは昔の優しか...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 60話
    • 324円
    淫魔の体の中にいた村正は、本物だった。体を惜しげもなく押しつけてくるハクに村正は戸惑う。ハクが豊かな胸をさらけ出すと、村正は抑えが利かなくなりそうだ。しかし、ハクはそれでいいと言う。どんなに村正がスケベでバカでも、ハクにとっては大切な存在だ。ハクはここで最愛の村正とともに朽ちる覚...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 61話
    • 324円
    何度も切ったはずの足がしぶとく再生し、淫魔は海へと進む。これを海洋に放つわけにはいかない。奈美は全力の攻撃を仕掛けていいと言っていたが、まだ彼女は襲われた状態のままなので、景子は逡巡する。しかし、迷わず攻撃を要請する奈美。そのころ、ハクはようやく村正のところまでたどりついた。ハク...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 62話
    • 324円
    これが今生の最後とばかり、激しく村正とセックスするハク。その彼女の手の中にはいつの間にか淫美の目が握られていた。だが、ハクは村正を見捨ててここを動くつもりはない。もう思い残すことはないと思うハクだが、奈美は諦めるなとハクを励ます。外では淫魔ハンターの皆が巨大淫魔と闘っているのだ。...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • 63話
    • 324円
    景子の発した炎は竜の形となって淫魔に襲いかかり、全てを焼き尽くした。ハクは無事脱出し、小さくなった村正を抱えている。どうやら村正の命も助かったようだ。しかし、奈美の姿がない。自分を犠牲にしたのかと絶望する淫魔ハンターたちだったが、景子はそれとは違った感触を得ていた。ところは変わり...
    • 殿堂入り
  • 単話
    • (1)
    • 64話
    • 324円
    お兄ちゃんに襲われて、あいみはもうパニック状態。あいみの嫌がる様子を見て、やっとお兄ちゃんは我に返った。しかし、自分がおかしいことをあいみに説明しようとすると、またしても意志とは裏腹にあいみを蹂躙してしまう。お兄ちゃんがこうなってしまったのは、先週公園で痴女に会ってからだった。そ...
    • 殿堂入り
トップへ