サイト内検索

蛍降る里の凌辱物語

お気に入り登録数 3

作家/出演者
シリーズ
  • 蛍降る里の凌辱物語(単話)
故郷で受けた‘凌辱’の記憶を消してくれたのは……

私の故郷は、日に数本しかバスの通わない山間の小さな村。
●校へ通学するにもちょっと遅くなると帰宅するのは夜になってしまう。
18歳だった私は、ひとり街灯もない真っ暗な道を歩いて行く。
通い慣れた通学路だったのに……。突然現れた二人の男に――。
酒臭い息を吐く獣のようにギラついた男たちが
清らかだった私の身体を舐め回す……。私の叫び声はむなしく山に消えていった。
価格
216円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/03/17 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
38ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
46.30MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家