サイト内検索

僕のモヤモヤを処理してくれる、ちっぱい看護師さん。 第三話

お気に入り登録数 33

「そんなことより、ヌキヌキの時間です!」エッチをしないと死ぬ病気になったオレ。入院先の看護師の樹ちゃんは毎日俺の下半身をイジって、ダシてくれるけど、どこか事務的な感じで、ちょっぴり物足りない…。ちっぱい看護師の彼女は、何時も献身的で、ナニに元気が無い時は自分の下半身をイジらせてくれるし、舐めさせてもくれる…でも、肝心のエッチには至らない。とある日、樹ちゃんと、一つになった夢を見た俺は、イキオイで告白!当然断られると思っていたら、「私も好きです!」と夢の様な返事が返ってきて…。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/04/08 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
20ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
4.20MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   3話まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~3件目 / 3件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ