サイト内検索

  • 完結

魅惑の鍛錬

お気に入り登録数 9

作家/出演者
シリーズ
  • 魅惑の鍛錬(単話)
放課後、帰宅途中で忘れ物に気づき、教室に引き返した主人公の遥くんは、美人で生徒会長も務める、才色兼備で名高い小見山さんの机の上のカバンに目を奪われる。
なんとそのカバンからは、リコーダーの先っちょがはみ出ていたのだ。
憧れの女性と間接キッスをしたい…そんな欲望と誘惑に負けた遥くんは、ケースからリコーダーを取り出すと、口をつけるだけかと思いきや、あろうことか「ピュルル〜」と吹奏を始めたのだった。
しかしその直後、当の本人がカバンを取りにきたから、さあ大変!
小見山さんはその変態的な状況にドンビキするも、遥くんを問いただすため生徒会室に連れこむが、何を聞いても震えるばかりしか能のない遥くんを見て、彼女は自らが主導権を握ったと確信。
そして生徒会長らしからぬ笑みを浮かべながら、そんなに間接キスをしたいのならば直接のほうがと、ディープキスを強要する。
口の中を「他人唾液」でいっぱいにされた遥くんは、生来のM本性に目覚めたのか股間をコンモリとさせると、それが合図であったかのように、小見山さんは彼の心身を蹂躙するのだった。
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/03/06 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
22ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
12.20MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家