サイト内検索

  • 完結

セーラー喪服の少女

お気に入り登録数 290

葬儀の際、一般女性に喪服があるように、JC・JKなどの女学生にも専用の喪服があってもよいのでは?
もしそのようなコスチュームがあれば、喪服の未亡人とはまた違った色気を醸し出す、女学生特有の未成熟な恥態と、
それに群がる男たちの狂騒を、これまでにない新しいエロスとして描けるのではないか…。
そんな想いと発想から生まれたのが、この「セーラー喪服」というジャンルであります。
そして今回、この前代未聞のアンソロジーの趣旨を理解し、賛同していただいた才能あるクリエーター陣が、
見事にイラスト、そして作品化に成功!1冊のアンソロジーコミックスとして誕生しました。

まず表紙は、弊誌「L.Q.M 〜リトル クイン マウント〜 vol.1」以来、久々に手がけていただいた、ライトノベルの表紙でお馴染みの生煮え先生。
この難しい珍ジャンルを、緻密な筆致と丹精な色彩で表現し、それでいてエロ心もしっかりと注入したイラストは、
表紙としての役割を見事に果たしております。
そしてピンナップは、初登場の、めの子先生が描く、仏前でのレイプが荒々しい罰当たりなハードイラスト。
また、さがらいせ先生が描く、同じく仏前何のそのと乱れまくる、極楽浄土な騎乗位イラストの計2タイトル!
さらに裏表紙は、broiler先生が自ら考案した、梵字の刺繍入りセーラー服という突き抜けたコスチュームで、
闇のファッションリーダーを誇示! ガチで手掛けた、弔問客に嫉妬な乱交お通夜イラストが、作品世界にお悔やみの献花を飾ります。

本中作品は、初登場の松鷹ぞん先生が描く、およそ考えられない異物を使った御霊前オナニープレイが傑作で、
神仏をも愚弄する変態の極みを見せてくれます。
そして、同じく初登場の竹之内すあま先生は、片思いの男性の死別に心を乱す少女と、
それを取り巻く幼なじみの求愛の行方を愛憎たっぷりに描いた、ドラマ性の高い作品を披露。
一見ダークなアンソロジーに彩りを見せてくれます。
また巻末をしめる、これまた初登場のでゆ山先生は、亡き恋人の面影と一緒に現れた妹に、
心をかき乱されながらもやがては受け入れる、男の切ない性を丹念に描いた作品が出色の出来栄えで、
ラストにふさわしい余韻を残してくれます。
その他、おなじみのレギュラー陣の四方山哲先生、来太先生、武藤まと先生、後藤スズナ先生、
涼宮和貴先生らが、抜群のエロス作品を展開。
最後に、今回ハイレベルな作画で初参戦していただいた、伊南鞘先生の超精密なエロス作品も忘れてはなりません。

すべてが見どころ抜きどころの文苑堂アンソロジーコミックスは、これからも一歩前を見据えた新企画で、
皆様に面白いコンテンツをお届けします。お楽しみに!

表紙イラスト:生煮え
裏表紙イラスト:broiler
ピンナップ:めの子 さがらいせ

収録作品
『祖父の忘れ形見』四方山哲
『仏前で彼女は…』伊南 鞘
『黒衣の雛』来太
『気になる幼なじみ』竹之内すあま
『少女闇供養』松鷹ぞん
『ロリコンの棺詰め』武藤まと
『セーラーの鎖』後藤スズナ
『田舎に着いた日』涼宮和貴
『彼女の妹』でゆ山
読める期間で選ぶ
1,080円
324円
[参考価格] 紙書籍1,080円
クレジットカード決済なら
10pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/08/06 09:50
紙書籍販売日
2013/12/20
ページ数
192ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
108.00MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家