サイト内検索

  • 完結

父親の僕が実の娘とセックスした理由。

お気に入り登録数 74

作家/出演者
シリーズ
  • 父親の僕が実の娘とセックスした理由。(単話)
父子家庭の一人娘・リカは学校では優秀でモテる美少女だ。浮気していた妻と別れ数年が経ち、男手一つで育ててくれた父親の事が大好きになっていたリカは父と二人で平和な生活を送っている。しかし、父は最近大人の身体つきになっても甘えてくるリカに困惑していた。リカの要望で毎晩手を繋いで一緒に寝るのが日課になっていたが、その日リカが着ていた新しいパジャマは身体のラインが出る物で目のやり場に困ってしまう父。娘のリカに好いてもらえているのは喜ばしい事だったが、もう小さい子供ではないし、毎晩一緒に眠るのはさすがに良くないと思った父は意を決して明日から別々の部屋で寝ようと伝える。するとパパと一緒にいたい、勉強も家事も頑張るからお願いしますと懇願し泣き出してしまうリカ。そんな様子を見て一緒に寝ようと提案する父だったが、このままではいけないと思っていながらも次の日も一緒に寝る事になる。父がどう親離れさせるか思案していると、パパの手大きくて好きというリカは間違えて父の性器を触ってしまう。実の娘に触られて勃起してしまった父は嫌われると思うが、それをきっかけにリカの胸を触り性器を触ったお返しをする。乳首をつままれリカは感じるが、その日はそれだけで終わってしまうのだった。前日の事があり懲りたかと思いきや次の日も性器を触ってくるリカ。触る度に父はお返しをし続けたが、一週間経つ頃にはリカがお返しを期待して触ってきている事に気付いてしまい…!
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/03 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
18ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
8.37MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家