サイト内検索

  • 完結

JK姪奴・彩佳-私は叔父の中出し牝奴隷-

お気に入り登録数 75

作家/出演者
シリーズ
  • JK姪奴・彩佳-私は叔父の中出し牝奴隷-(単話)
生徒会長と付き合っているような雰囲気で登校して来た志野原彩佳(しのはら あやか)。新入生の中では一番可愛いと周囲に噂される彼女は、生徒会長と一緒にいると美男美女で周りが羨む程のカップルだ。そんな二人の元に彩佳の通う学園で教師をしている彩佳の叔父の石嶺(いしみね)が現れ、彩佳をHR前に地学準備室に呼び寄せる。二人しかいない地学準備室で石嶺の性器をくわえさせられる彩佳。石嶺の家に下宿している彩佳は、上京して石嶺の家に来た日からずっと性処理の道具として犯され続けていた。一見普通に見える石嶺は朝から姪の彩佳に膣出しし、それだけでは収まらず昼休みまで我慢できずに授業前に彩佳にご奉仕させる変態教師なのだった。石嶺は彩佳の精液まみれの口の中を見て、満足げに少し出しすぎたかなと語りかける。床を汚してはいけないから綺麗に舐め取るんだと言われ素直に応じる彩佳。石嶺は言う通り愛おしそうに性器を舐める彩佳に、舐めるのが上手くなった、彩佳は物覚えがいいと再び満足げに語りかけた。彩佳の口に精子を注ぎまくった石嶺は続けてセックスをするが、1時限目が始まる時間になってしまった事に気付いた彩佳。すると石嶺は理解あるふりをしながらも、しばらくはハメ放題って事だなとより激しく攻める。流されるまま石嶺に犯されてしまう彩佳が絶頂に達した正にその時、生徒会長が彩佳を捜して地学準備室にやって来る…。
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/03/07 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
19ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
10.00MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家