サイト内検索

11月11日

お気に入り登録数 25

作家/出演者
シリーズ
  • 11月11日(単話)
デザイン会社に勤めて2年、土井の同期は結花だけ。毎日のように深夜残業が続く。珍しく土井が会社を先に出た夜、急に雨が降ってきて職場に戻ると人の気配がする。社長が結花に肉茎を握らせ、まるで世間話をするように土井の名前を口にし、結花の股を開かせ、挿入し、バックからして…などと言わせ、中に生の精子を流し込む。目撃してしまった…と後悔と寂しさと落胆…、でも弱音は吐かない。見てたんだよね…と結花は土井を誘う。結花だって土井に気持ちはある。でもそれを口には出さない。
価格
216円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/03/01 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
22ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
8.32MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家