サイト内検索

  • 完結

【新装版】放課後の図書室は誰も助けが来ないから 第1巻

お気に入り登録数 20

図書委員のあたしの仕事は、放課後の図書室の受付をすること。
本を借りに来る人なんて誰もいないけど、それでもあたしは、放課後が来るたびに図書室に行って受付に座る。
その日も、やっぱり誰も本を借りに来なかった。
だけど、それはいつものこと。 だからあたしは、自分の読みたい本を探しながら本棚の整理をしていた。
夢中だったので、後輩の恭介くんがいつの間にか来ていて、あたしのスカートの中を覗いてたなんて少しも気づいていなかった。
ましてや恭介くんが、あたしに歪んだ黒い感情を持っていたなんてことも……。
誰もいない放課後の図書室に、あたしの悲鳴が、虚しく響く。
あたしの平和な放課後は、もう戻らないのかな……。
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
価格
518円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/05/31 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
78ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
19.30MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   3巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。