サイト内検索

誤認逮捕!許してほしけりゃヤらせろよ!! 第15話

「やってないって言ってるだろ!」
通勤電車の中、痴漢の容疑をかけられて警察へと連行された俺…しかし、どんなに無実を主張しても取り合ってもらえず、途方にくれていた。
しかしその時、課長を名乗る刑事が取調室へと入って来て、俺の無実を証明する材料が出て来たと言って謝罪してきた。
当然、俺は謝られただけでは納得できずに、このことを世間に公表すると断言した…すると何と、課長は示談の条件として、俺を連行して来た二人の婦警を差し出してきた!
『今回の件を口外しない代わりに、一か月の間、該当の二人の体を好きにしていい』という条件を呑んだ俺…かくして、二人の婦警達への凌辱劇が幕を開けた!
価格
86円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
0pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/03/24 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
28ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.21MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家