サイト内検索

  • 完結

夏と恋とふたりぐらし

お気に入り登録数 38

作家/出演者
シリーズ
  • 夏と恋とふたりぐらし(単話)
嫉妬って、僕のこと好きだから?
移住先で親父が亡くなったとの知らせが届き、親父の元へ向かうと、そこには初めて出会う、血の繋がらない弟、夕壱がいた。夕壱を引き取り、親父の遺した家でのふたり暮らしが始まったのだが、兄弟で情交を交わすのに時間はかからなかったが…
‘親父とも、キスしてたのかな……?’
疑念を消そうとすればするほど、情交を重ねれば重ねるほど、親父の影が濃く重く押し寄せてきて、苦悶と嫉妬の入り混じった吐淫を、夕壱の深淵に打ちつけてしまう…
僕が渚さん(おじさん)とそういう関係だったら、アサトはどうするの?
それは…………嫉妬する…
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/09/13 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
18ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.84MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家