サイト内検索

あの日の先生 (8)

お気に入り登録数 16

大田黒からは逃げられない。自分は先生の愛人になってしまったのだ。そんな後悔と諦観の念を抱くすみれを、大田黒は容赦なく連れ出しにくる。だが再び訪れたアトリエですみれが見たものは、女性なら誰しも憧れる高価な着物、京友禅だった。少年のような無垢な顔で、それを着るよう勧める大田黒。そして、すみれに胸や太ももをさらけ出させると、それを作品にするため、イーゼルに向かう。下絵を終える頃、大田黒はすでに下半身を怒張させていた。やはり今日はこの着物で犯されるのだ。そのことをわかっていたすみれもまた、すでにアソコをぐっしょりと濡らしていた。だが、意外にも大田黒はすみれに手を出さなかった。その興奮をまずは絵にぶつけるという。そして、たっぷりと焦らされたすみれは、大田黒を求めている自分に気づくのであった……。
価格
540円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/05/13 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
17ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.00MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家