サイト内検索

あの日の先生 (4)

お気に入り登録数 17

来年中学の息子がいる専業主婦の白石すみれは、ある日、昔なじみから美術館職員の仕事を紹介される。それは出産前の美術館勤め経験を買われてのことだったが、学生時代、近世日本美術を専攻していた彼女は今も確かな審美眼を持っていた。浮世絵から近代までの作品を集めた美人画の展示会に、日本画の大家・大田黒吉則があえて紛れ込ませた模造の品を見抜いてみせたのだ。ところが、その出来事をきっかけに大田黒の目に止まったすみれは、思わぬ誘いを受けることになる。それが大きな運命の歯車であることなど知る由もなく……。『母が白衣を脱ぐとき』の横山ミチルが贈る新たな愛と欲望の物語、刮目の新章スタート!
価格
540円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/01/08 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
25ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
8.22MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家