サイト内検索

  • 完結

俺がエロマンガの作画資料にされている…だと

お気に入り登録数 40

作家/出演者
シリーズ
  • 俺がエロマンガの作画資料にされている…だと(単話)
俺の幼馴染みの黒田瞳子はエロ漫画家だ。しかし瞳子にはエロマンガ家として大きな弱点がある。それは瞳子は実際に体験したシーンしかエロを描けないのだ。俺はそんな彼女のお手伝いをしている…。今月のは鬼畜富豪に買われた少女の設定だ。俺は瞳子おっぱいや脚や腕を縛って拘束し、極太バイブを挿入する。悶える瞳子におかまいなく今度は電マを取り出し、クリトリスを剥いて当てがうのだった。だらしなく潮を吹いてイキまくる瞳子。しかし俺はもっと激しく責めなくてはならない…。
価格
540円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/11/07 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
20ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
8.69MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家