サイト内検索

  • NEW
  • 完結

狂った微惑人形

お気に入り登録数 12

作家/出演者
シリーズ
  • 狂った微惑人形
全ての性の飢狼に捧ぐ!
「鋼鉄の巨人」ダーティ・松本の初期名作集が表紙も新たに電子書籍として登場!
もはや説明など必要のないレジェンドを体感せよ。
「媚薬仕掛人」 …憎しみ合う姉妹が騙されて媚薬付けとなり、秘密クラブでレズ・ショーに強制出演させられてしまう愛憎のエロスが展開する傑作!
「犯された白鳥」…警察官の娘である美しいバレリーナが野獣たちに拉致されて暴虐の限りを尽くされる…『エロと暴力が合体!』する代表作の1本。
「狂った微或人形」…旦那の裏切りで若い女を怨む女…台風が接近する中、狂乱のサディズムが繰り広げられる…。
「密室の痴戯」…映画館のトイレで労務者に襲われる熟女。限りなき暴行をうけた末、新たな性癖に目覚めてしまったことを自覚する…。
「熟れた卵」…借金のかたに肉体を貪られる人妻は、全身を卵まみれにされて思うがままに食い散らかされる…強烈ラストの名品。
「熟れすぎた花弁」…純情なお嬢様が婚約者の前で3人の侵入者に暴行の限りを尽くされてしまう。アブノーマルなプレイを繰り返されたことで、目覚めた悦楽に飲まれたお嬢様は…気合い満点のエロ作品。
「菊花惑乱」…旦那への不満を持ち続けていた人妻が、昔の恋人に再会したことでアナルの味を仕込まれる…。
「猟鬼!狂獣たちの饗宴」…事故を起こしたタクシーに乗っていた母娘は、気絶していたところを野獣のような男たちに攫われ襲われてしまった。前から後ろから絶叫の狂宴。著者初の母娘丼作品。


ダーティ・松本…熊本県熊本市出身。
1970年にさいとう・プロダクションに入社するも半年で退社。肉体労働を経て、実話雑誌にてデビュー、1975年頃から本格的に成人向け漫画家としての活動を始める。
『アートコレクター』2010年12月号に『会田誠さんの気になるエロ作家』としてダーティ・松本を指名。会田誠さん曰く「いわゆる美術ということでは、顔の書き方などうまいかヘタかというとヘタなんだけれど、感情がぐんぐんと出てきて好きです。エロマンガの巨匠のひとりです」と紹介している。
「週刊文春」2003年1月2日&9日号 各界への大アンケート「わが青春の傑作マンガ・ベスト100」において、みうらじゅん氏は「巨人の星」などと共に「ダーティ・松本さんには青春期、随分と下の世話を手助けしていただきました」と「ダーティ・松本の白鳥の湖」を選んでいる。
読める期間で選ぶ
540円
216円
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/02/01 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
210ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
173.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家