サイト内検索

  • 完結

雌犬のおまわりさん【単話】

お気に入り登録数 39

作家/出演者
シリーズ
  • 雌犬のおまわりさん(単話)
犬型亜人が中心となって組織された自警団に落し物をしたという青年が訪れる。新米犬人婦警の少女は落し物の行方を探ろうと青年の臭いを嗅ぐが、青年は犬型亜人を発情させる臭いを発する体質だった。少女は青年を署内に連れ込み、青年を射精させて発情臭を薄れさせようとする。フェラチオでは臭いを感じ過ぎてしまうため、巨乳でペニスを挟みパイズリで射精させようとする。だがペニスから漂う強い発情臭や精液を浴び、彼女は完全に発情してしまう。エロ取調べ中に濡れそぼった股間をストッキング越しにペニスへ擦りつけ、騎乗位でペニスを挿入させ精液をおねだりし始める犬人少女。膣奥へ射精され蕩けきった表情を浮かべる彼女を、青年は後ろから獣のように犯し始め……。
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/17 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
16ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
4.18MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家