サイト内検索

  • DMM先行

淫落の聖女エルヴィーネ 【最終話】

お気に入り登録数 5

魔界からの災厄より人々を守るために魔界と人界を遮る結界。
結界は聖女と呼ばれる3人の女性によって保ち続けられていた。
『炎の聖女』『水の聖女』そして『光の聖女』と呼ばれる彼女らによって──。

しかし3人の聖女――アーデルハイド、コルネリア、エルヴィーネは
魔道具の力により従者たちの性奴隷へと貶められていた。

唯一魔道具の暗示から抜け出したエルヴィーネだったが、
アーデルハイドとコルネリアを助けるために暗示にかかったフリをしていた。

エルヴィーネの従者オーロフは『秘儀』のために助力が必要だと
男性信者を多く集め『聖域』へと案内する。

そこで男性信者達が見たものは、
「Sau(メス豚)」というプレートを首から下げた
裸の聖女達だった────。

『秘儀』とは何なのか。エルヴィーネの行く先は!?
エロティックファンタジーの巨匠・たいらはじめが描く魅惑のシリーズ、とうとうクライマックス!!
価格
432円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/03/30 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
26ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
11.50MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家