サイト内検索

  • 完結

密室と少女と甘いお薬

お気に入り登録数 96

作家/出演者
シリーズ
  • 密室と少女と甘いお薬(単話)
残業続きの日々、今日も一番最後に部署を出た男は、エレベーターの中で一人の女子校生と出会う。
深夜の会社の中という状況で、しかもセーラー服に白衣と言う格好の彼女を不審に思っていると…不意に、エレベーターが停止した。

閉じこめられたふたりは外部に救出を依頼しようとするものの、翌日が休日なためか誰も残っておらず応答がない。
仕方なくふたりは助けが来るまで待つことにした。

時間がたち、男が喉の渇きを覚え少女の持つドリンクを分けてもらおうと願うが、少女は拒否し自分で飲みきってしまった。
このドリンク…実は、少女が開発した試作品の媚薬で、家で実験をするために持ち帰る所だったのだ。

人に飲ませるわけにはいかず自ら飲み干したが、強力な効果が襲ってきて少女は快感に身悶えてしまう。

「えっと… さっきの飲み物って…」
「ふ…ふふ… よくも好き勝手に弄んでくれたな 責任…とって」

男が飲み物の正体に気づいた時、少女も媚薬の校歌で理性のタガが外れてしまい、男に襲いかかった!

「んっ…いいよ おいで」

欲望のまま、男の手を取り自らの身体を差し出す少女…。
男も美少女に誘われては断ることもできず、少女の身体を愛撫していく……。

「初めては痛いものだと 思ってた…っ あ… きもち…っいっ」

自ら処女を捧げ、悦楽に震える少女。

「おち…ちん お…いしぃ もっと…っ もっとちょうだいっ」

媚薬の効果で発情してしまった少女は、閉じこめられた空間で一体どうなってしまうのか……!!

年上男性と少女とのいちゃラブものが大評判! 可愛らしい少女の痴態を描く、うた乃が本誌に登場!!
価格
432円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/30 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
18ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
7.99MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家