サイト内検索

  • 完結

しってるし

お気に入り登録数 32

作家/出演者
シリーズ
  • しってるし(単話)
僕の部屋に誰かが入ってくるかもしれないというドキドキ感。だからドア前オナニーはやめられない。そんな絶妙のタイミングで奏ちゃんが入ってきた。しかも転んだ拍子に僕のおちんちんをくわえて精子を飲んでしまう。何のことだかどうせ分からないだろうと思っていたが、奏ちゃんは「知ってるし!」と強弁する。えっちしたことがあるのかと訊くと、「あるし!」と即答。しかも経験豊富らしい。ならば童貞を卒業させてもらおうと、僕も経験済みを装う。でも、奏ちゃんの「知ってる」はどこか不自然。セックスという言葉も知らないし……。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2012/07/21 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
18ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
4.98MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家