サイト内検索

  • 完結

6月12日(土)

お気に入り登録数 224

作家/出演者
シリーズ
  • 6月12日(土)(単話)
それは一本の電話で始まった。友人が連れてきた家出少女は、泊めてやって小遣いを渡せばセックスOKだというのだ。少女の名は鈴菜。童貞の俺には願ってもないチャンスだ。鈴菜は慣れた様子でフェラをする。ひと口サイズのオッパイは彼女が痛いと言うまで吸う。ピンクでつやつやのオマンコを指で広げると、これからこの穴へチンポを入れるのかと感慨もひとしお。舐めてみると外側はちょっとしょっぱく、中は舌にピリピリくるほど酸が強い。これだけ酸が強ければ中に精子を出しても平気だと鈴菜を騙して生ハメする。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2012/07/21 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
22ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
10.90MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家