サイト内検索

快速痴漢電車 1両目

お気に入り登録数 70

電車通学のマキは、毎朝の痴漢に悩まされる日々を送っており、声をあげることはおろか、一緒に通学しているトモとカナにも話せずにいるのであった。そんなある日の朝、いつもの満員電車の中で、痴漢の淫らな指にあわせて、トモが悪ふざけでマキの豊乳をむんずと愛撫。思わず甘い吐息で声を震わせたマキは、明日こそは痴漢に対して声をあげ抵抗しようと誓い眠りにつくのだったが、翌日の痴漢の執拗な責めと、級友たちがみせる態度の違和感にマキは、さらなる恐怖と快感で体を震わせ、やがて電車の床にへたりこむのであった。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2012/08/28 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
24ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
11.50MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   8話まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。