サイト内検索

ランキングから探す

作品リクエスト

囚われた人妻捜査官 祐美子 母娘奴隷・黒い淫獄

お気に入り登録数 136

作家/出演者
シリーズ
  • 囚われた人妻捜査官 祐美子 母娘奴隷・黒い淫獄
牝の本能が求めてしまう
憎き漆黒の牡種汁!

敏腕ぶりと美貌から衆目を集める捜査課長・羽村祐美子は、
新型魔薬を追ううちにマフィア組織に囚われてしまう。
娘と夫を人質に取られた凛々しき女捜査官は
魔薬の実験台として監禁肛虐を受けることに。

(お尻が燃えちゃう……私の身体……どうなって……)

さらには親の仇である黒人の殺し屋に孕まされてしまう!

日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第167弾!

<登場人物>
●羽村 祐美子(はむら ゆみこ)
捜査課長として麻薬組織と戦う三十五歳。
Fカップの肉感的なボディラインに流麗な顔立ちを持つ、
意志の強さと上品さを兼ね備えた美女。
一人娘のいる人妻。

●羽村 楓(はむら かえで)
祐美子の実娘。
H女学園に入学したばかりの快活少女。
やや小柄ながら日に焼けた肌が健康的な魅力を醸し出す。
母娘関係は良好で母である祐美子に憧れを抱いている。

●ボブ
黒人の殺し屋。祐美子の父の仇。
二メートル近い長身に、異様なまでに発達した筋肉が鎧のように全身を覆っている。
巨根、ワキガで強烈な牡の匂いを放つ凶暴な野獣。

●金城(きんじょう)
広域暴力団日向組の下部組織・青龍会の会長。
八十歳くらいの痩せこけた老人ながら、
マッドサイエンティストのような狂気を孕む。

●中村(なかむら)
祐美子の部下。
薄い頭髪をせこせこと掻き上げる出っ歯の中年男。

<目次>
第一章 監獄の美囚
第二章 魔獣蹂躙
第三章 奸計縛鎖
第四章 黒い受胎
第五章 愛牝誕生
読める期間で選ぶ
770円
216円
[参考価格] 紙書籍770円
クレジットカード決済なら
7pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/03/09 00:00
紙書籍販売日
2017/03/01
ページ数
331ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
64.50MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家