サイト内検索

ランキングから探す

作品リクエスト

  • 完結

ゆにゆに ボクとお嬢様のぷらいべ〜とれっすん

お気に入り登録数 10

作家/出演者
シリーズ
  • ゆにゆに ボクとお嬢様のぷらいべ〜とれっすん
どこから見ても女の子にしか見えない男の娘な少年・由仁が、
家庭教師として訪れた御屋敷は、謎多き男子禁制のセレブ一家。

そこで出された課題とは
「お嬢様に性教育をレクチャーせよ!」
という奇想天外なものであった……!?

御屋敷で50人のメイドが見守る中、フェラチオ、手コキ、ローター責めをされ
気を失ってしまうのもつかの間。
気がつけば女装をさせられ、主人となったお嬢様の
メガネ姉(ドS)に足コキ&パイズリされて、
ちょっぴりMに目覚めたり……。

由仁は無事、お嬢様に性教育をほどこせるのか?
そして由仁の童貞を奪うのは――。

----------------------------------------------------------
「やぁ、めぇ、てぇえっ!出ちゃいます出ちゃいます、出ちゃいますぅ!」
一晩の間に熟成された精液が、心地よい口唇愛撫に誘われていまにも噴き
出してきそうだ――が、由仁の哀れな声はだれにも聞いてもらえない。
「ぬぅう……母上がソレをするなら、可愛いタマタマは私のモノだ!」
首をねじ曲げて股間に潜り込んだ桜お嬢様が、幼気な口を大きく開け――パクッ!
「はひぅっ!?」
ふたつの珠が熱いぬめりに包み込まれ、しなやかな舌に動かされてコロムニムチュコロ――濃密な牡エキスを溜めた睾丸が袋の中で擦れ合い、鋭い快感が炸裂する。
「ひぅ、ひ……ひぅぅぅっ!もうやだ、ヤダヤダ、やぁだぁあっ!」
美女と美少女に頬張られた筒先とつけ根の間を、稲光のような激感が往復した。メイド服を着ていたときと同じように、涙をこぼして甘い声で鳴き叫ぶ由仁。

(――本文より抜粋)
読める期間で選ぶ
681円
216円
[参考価格] 紙書籍681円
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2010/08/04 09:50
紙書籍販売日
2008/10/20
ページ数
258ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
8.43MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家