サイト内検索

流れ着いたのは褐色ロリしかいない無人島でした【単話】

お気に入り登録数 88

作家/出演者
シリーズ
  • 流れ着いたのは褐色ロリしかいない無人島でした(単話)
眠りから覚めると、なぜか小麦色のお尻とツルツルの秘裂が目の前に、
さらに股間では褐色少女が騎乗位で腰を振っており!?
──遭難した男が流れついたのは褐色少女しかいない南海の孤島だった。
村長から命を助けられた代わりに子孫を残すための種付けを命じられ、
エッチに興味津々な少女たちとラブラブ子作りセックスをすることに。
積極的に求めてくる小柄な褐色ボディに子種を思う存分発射しまくる!

※『二次元コミックマガジン 女だけの世界でボクはもうダメかもしれないVol.1』に掲載されている作品です。
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/04/13 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
26ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
8.90MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家