サイト内検索

未来的な発明品をもらったが、思いのほか僕はヒワイに使えた。(1)

お気に入り登録数 26

作家/出演者
シリーズ
  • 未来的な発明品をもらったが、思いのほか僕はヒワイに使えた。(単話)
ダメ刑事・溜田は河野警部補(♀)に叱られてばかり。こうなったら大門博士の発明品で仕返ししてやる!『いいなりシール』を使って、チ●ンを河野にけしかけると、抑えが利かなくなったチ●ンおやじが…。その他、『どこでも手袋』『コピードール』など不思議な発明品が満載!大門博士の助けを借りて、溜田は一人前の刑事になれるのか!?
価格
216円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2012/10/20 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
33ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.09MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家