サイト内検索

  • 完結

いつもギラギラする日

お気に入り登録数 42

作家/出演者
シリーズ
  • いつもギラギラする日
ハルオの眼はヤバイ。いつもギラギラとして獣のようで。付き合っている彼女も辟易しているが、そんな彼を頬染めて見つめる少女がいることを、誰も知らない。「私がかわりにできませんか。何をされたって、私、平気ですから」…。表題作「いつもギラギラする日」他、絶妙な構成と爽やかな語り口でファンを魅了し続ける、陽気婢の初期傑作短編集。(茜新社刊)
価格
1,029円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
10pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2005/12/29 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
179ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
26.10MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家