サイト内検索

  • 完結

ティムティム

お気に入り登録数 49

作家/出演者
シリーズ
  • ティムティム(単話)
親戚の叔母さんの頼みで、その娘の弥生ちゃんを一日預かることになった貴史くん。
しかし人見知りの激しい弥生ちゃんは、これっぽっちも貴史くんに心を開いてくれません。
思案した貴史くんは、半信半疑ながらヌイグルミを使い腹話術でコミニュケーションを図ると、
弥生ちゃんはたちまち目を見開いて、グイグイと話に入ってきました。
こうして、見事打ち解けあった二人は、夕方まで楽しく遊びますが、気がつけば弥生ちゃんは疲れて眠っています。
そんな弥生ちゃんに毛布をかける貴史くん、ふと下半身に目を向けると、彼女のスカートから覗く白いパンツと、
その薄絹に包まれたフワリとしたお尻に釘付けになってしまい、辛抱たまらなくなった彼は、
ガチガチになった自分のペニスを剥きだして、弥生ちゃんを使って自慰を始めてしまったのです。
しかし、何か危ういものを感じたのか、弥生ちゃんはムクリと起きてしまい…。
読める期間で選ぶ
216円
108円
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/03/29 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
18ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
9.81MB
ファイル形式
PDF形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家