サイト内検索

  • 完結

キツネのノジャろり

お気に入り登録数 74

作家/出演者
シリーズ
  • キツネのノジャろり(単話)
祠(ほこら)のお供え物を盗み食いする悪たれ少女は、キツネのお面で顔を隠し、今日は饅頭かと舌なめずり。
しかし、信心深いお爺さんに盗み食いを見られたから大変。
ガタガタと震える少女に対して、なにを思ったかお爺さん、もしや神さまではと絶叫。
少女はその場しのぎに肯定すると、お爺さんは、ありがたやと少女を家に連れて帰るのでした。
読める期間で選ぶ
216円
108円
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2014/07/05 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
20ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
11.50MB
ファイル形式
PDF形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家