サイト内検索

  • 完結

サブリミナル・レイプ 〜雌蟲は暗示に従う〜

お気に入り登録数 62

作家/出演者
シリーズ
  • サブリミナル・レイプ 〜雌蟲は暗示に従う〜(単話)
実力派作家・志峨丘トウキがエリート女弁護士催眠レイプ読み切りでグレープ初登場!!
弁護士の鮎川聡子(あゆかわ さとこ)は強姦の疑いがかかっている昆虫学者・日影(ひかげ)の自宅に事情を聞きに来ていた。しかし、日影は被害女性は訴えを取り下げたはずではと言ってまともに話をする気はない。それどころか飼っている虫を取り出し、雌が嫌いなんですよと言って目の前でその虫を握りつぶしてしまった。日影の異常性に恐怖を感じる聡子だったが、日影からこれを見れば被害女性の気持ちが理解できるかもと言われ動画の入ったUSBメモリを渡される。事務所に戻り動画を見る聡子。それには様々な昆虫の交尾シーンが映っているだけで特に強姦事件との関連性があるようには思えなかったが、何か秘密があると思い繰り返し何度も動画を見続けた。数時間後……深夜、聡子はある見覚えがある廃屋の前に来ていた。それは被害女性達が強姦された廃屋だった。何かに導かれるように中に入ると男が数人いて、あっという間に取り囲まれてしまう。しかし、なぜか身体が動かない。このままじゃ犯されると思った時に日影がやって来て動画の秘密を語り始める。「サブリミナル」…動画の中に短い画像をまぎれ込ませ潜在意識に植え付ける手法。サブリミナル効果によって聡子は無意識のうちに廃屋に来てしまっていたのだ。そして、男達による地獄のレイプが幕を開けた。
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/06/05 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
22ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
10.70MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家