サイト内検索

眠り姫と夢の中

お気に入り登録数 15

作家/出演者
シリーズ
  • 眠り姫と夢の中(単話)
小梅は原君の忠告どおり、Hバイトを辞めてメイド喫茶に移った。私、お客さんに名前呼ばれたり、好きだよ…って言ってもらうけど、全然響かない、でも原君の声が耳に届くと、体が熱くなってジンジン痺れるの、ねぇ、ご主人様、触って…とスカート捲り、そそるパンティで哀願。対面座位で深く深く繋がって濃い白濁を注ぎ込む。
価格
216円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/12/01 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
22ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
13.40MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家