サイト内検索

好きなのに-幼馴染のガツガツ×××見ちゃったの…- 第1話

お気に入り登録数 12

幼馴染の大世にプリントを届ける為、大世の家を訪れたありさ。大世の母に案内され、彼の部屋に通されたけど…(なんか…しばらく来ないうちにすっかり男の部屋ってカンジ…)幼馴染の成長と共に現れる変化を目にし、ありさはなんともいえない気持ちになってしまう。大世がいつも寝ているであろうベットが目に入り近づくと、無造作に脱ぎ捨てられたパジャマがあって…。(大世のにおいがする…。あっ、なんかしょっぱい…?)密かに思いを寄せていた相手のリアルな匂いに、ありさの手は下肢に伸びていく。(大世のバカっ…最近全然遊んでくれないから…私…こんな…)行為にに夢中になっていると、大世が帰ってきてしまう。ありさは咄嗟にクローゼットの中に身を隠すが、大世は女の子と一緒に部屋に入ってきて…!?(うそ…私…ずっと…ずーっと前から大世のこと…好きだったのに――)キスから始まり二人の行為はどんどんエスカレートしていく。二人の出す水音と蒸れた空気がありさの体温を上げていく。(いや…見たくないっ!見たくないのに…)気持ちとは裏腹に火照っていく身体にありさは震える手で愛撫する。(私じゃない子を触ってるのに…っどうしてこんなに興奮してるの…!)イキたくないっ自分の手なんかでイキたくないのに―――っ!
読める期間で選ぶ
216円
108円
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/07/26 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
19ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
4.07MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   3話まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~3件目 / 3件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ