サイト内検索

凌母 〜独身寮の未亡人〜 2

ある昼下がり、さゆりの元へ一本の電話が…。それは、娘まなみが寮母として勤める独身寮からだった。
まなみが入院している間代わりに寮母になって欲しいという嘆願に、責任感の強いさゆりは断ることができず、代理寮母になる決心をして独身寮へ出向く。そして大勢の寮生に出迎えられ、『歓迎会』が始まった。
感じのいい寮生との会話から、自分が未亡人だと話すと、それを聞いていた寮生達の反応が露骨に変わり、次から次へとさゆりのグラスにワインが注がれる。注がれる度にワインを飲み干していたさゆりはついに酔い潰れてしまう。
目覚めたさゆりの前にあったのは、久々の――。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/05/04 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
291ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
44.40MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   3巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~3件目 / 3件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ