サイト内検索

  • 完結

歯車の姫

お気に入り登録数 9

作家/出演者
シリーズ
  • 歯車の姫(単話)
受験勉強に身が入らない夏休み。英一は集中するために祖母の家に来た。そして土蔵の中で見つけたのは一体の人形。彼女は英一を「旦那さま」と呼ぶ。それは先祖のからくり職人が作ったからくり人形だったのだが抱きしめられると、人間としか思えないほど柔らかく暖かな胸の奥からかすかに歯車の音が聞こえてくる。先祖によく似ているという英一に、小菊と名乗る人形は自分を抱いてほしいと頼む。挿入するとその中は熱くてどろどろとして、腰を止めることができないほどだ。
価格
108円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
1pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2011/09/22 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
16ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
5.54MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家