サイト内検索

  • 完結

雪肌艶歌

お気に入り登録数 5

作家/出演者
シリーズ
  • 雪肌艶歌(単話)
10代でアイドルデビューした彼女だが、アラサーの今はドサ回りの演歌歌手。酔客に無視される屈辱に耐えながら場末のクラブで歌い、ときには悪徳プロモーターに枕営業を強要されることも。そんなある夜、ステージを終えて通用門を出ると、雪の降りしきるなか一人の若い男が出待ちをしていた。怖面の興行主のセクハラから救ってくれた彼だった。昔からのファンだと名乗り、十数年前のデビューCDにサインをねだる彼。男の胸ポケットで温められたCDケースは暖かかった。男の純情とぬくもりに、寒さにかじかんだ女の心も融けて…二人きりの淫らなファン感謝デー。
読める期間で選ぶ
216円
108円
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2011/08/03 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
16ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
3.75MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家