サイト内検索

  • 完結

ウルタールの猫【単話】

お気に入り登録数 45

作家/出演者
シリーズ
  • ウルタールの猫 (単話)
猫を殺した物には災厄が訪れると言われるウルタールの村。そんな村で初老の猫を轢き殺してしまった青年は、村の掟を鼻で笑う上司を尻目に猫を丁重に葬る。その夜、不思議な力で森の中に誘導された青年は、人語を喋る猫たちに囲まれ、猫を殺した罪を裁かれることに。丁重に弔った青年の善行に報いようとする美少女猫ニケの嘆願によって、命を奪われる代わりに猫娘たちを孕ませ子供を設ける食材を行うことになる。ニケ、そして証人のエルザとライナの三人の猫耳美少女たちとの子作りHが始まるのだった――。獣っ娘たちの三人がかりでのフェラチオ、そしてバックから獣のように挿入して精液を注ぎ込む。代わる代わる青年を求める他の少女たち全員に受精ザーメンをほとばしらせていく!
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/05/17 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
20ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.54MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家