サイト内検索

  • 完結

百鬼夜交【単話】

お気に入り登録数 39

作家/出演者
シリーズ
  • 百鬼夜交(単話)
人間との間にできた息子がいつまでも嫁をとり子を作らないと嘆く百鬼姫叉玖夜。彼はまだ学生であることを反論するも、いきなり脱いだ母親の裸体に思わず股間が反応してしまう。息子の極マラに興奮した鬼姫は、口いっぱいにペニスを頬張り口内射精をさせる。全身に精液を浴びるも満足できない彼女は、足の指を尿道に突っ込み再度勃起させると、膣内射精をねだり息子の子供を孕むのだった。
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2011/09/17 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
16ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.93MB
ファイル形式
PDF形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家