サイト内検索

  • 完結

吸血鬼のご馳走【単話】

お気に入り登録数 34

作家/出演者
シリーズ
  • 吸血鬼のご馳走(単話)
手紙で呼び出された体育倉庫で、差出人である女生徒、世田谷まりに華麗なハイキックをお見舞いされた神崎君。彼の首筋に噛み付いたまりは吸血鬼を自称し、制服を脱いで下着姿と吸血鬼の翼をさらす。神崎君は精液なら飲ませてやると言い、まりにフェラチオをさせる。初めはぎこちない舌使いだったまりだが、神崎君の思考を読み取ると巧みな舌技を発揮して射精に導く。彼の好みを反映して胸が巨乳化した少女は、さらに童貞ペニスを女性器で咥え込むと、痴女お姉さん風に彼を責め始めて――!?
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2011/07/26 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
16ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
3.04MB
ファイル形式
PDF形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家