サイト内検索

  • 完結

一つ屋根の下に人妻が居たら

お気に入り登録数 82

作家/出演者
シリーズ
  • 一つ屋根の下に人妻が居たら(単話)
受験のために、我が家へと短期滞在をすることになった夫の甥に当たる少年、拓人。
初めて会う若い男に戸惑うものの、明るい人柄の拓人に洋子は応援しようとする。

この日も勉強を手伝おうと申し出た洋子だが、いつしか意識を失い……
気付いた時、彼女はリビングに半裸で緊縛されてしまったいた!
強盗の仕業かと慌てる洋子の前に、拓人が笑顔で現れる

「拓人君お願いっ早くこの縄を解いて警察に連絡をっ!!」
「あー…洋子さん慌てなくていいですよ眠らせて縛ったの俺ですから」

何の問題もないように明るく答える拓人に、洋子は絶句してしまう…。

「洋子さんが自分ちだと思えって言うから自分ちに居るうまそうな女を頂きます」

義理の叔母にあたる洋子を相手に、拓人の責めが加えられていく。
年下の少年に言いように弄ばれてしまい、翻弄される洋子。

やがて、拓人が取り出した男根を見せつけられ……
洋子は夫と比べあまりにも大きなソレに言葉を失ってしまった。

「あっまっ待ってっ!それだけはっ許してっ!」
「でもダーメ」

夫との行為では触れることすらなかった、奥の奥までを貫かれ……洋子のメスの本能に火がついてしまった。
何度もレイプされ、弄ばれてしまう洋子はどうなってしまうのか…!?

豊満ボディを描かせたらばトップクラス!神宮小川がおくる、年下少年による熟女レイプ!!
ハードな調教絵巻をじっくりと堪能しよう!
価格
432円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
4pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/10/30 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
26ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
12.40MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家