サイト内検索

  • 完結

濡れる果実

お気に入り登録数 187

作家/出演者
シリーズ
  • 濡れる果実
巻頭作「季節の終わり」からやがて来る「春子の‘春’は…」へと続く全10作を収める、作品集第4弾!
描き下ろし18ページ一挙収録で、著者のライフワーク「図書室は放課後の娼館」シリーズがついに完結!
出会いではなく「別れ」をこそ描き続けてきたエロ漫画家が、姉と弟、父と娘、恋人たちを描きだす。
昭和の香りと評された独特の作風は、ブラッシュアップを重ねつつ、しかしその味わいを失わない。
そう、新しさこそ一番最初に陳腐になる部分ではなかったか?
作品に込められた想いが体温と粘液と吐息の熱へと結晶する時、この描き手はエロ漫画の一つの特異点となるだろう。
乞う。読者よ。白石なぎさの現在を、目撃せよ!
価格
1,029円
[参考価格] 紙書籍1,030円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
10pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2011/05/05 09:50
紙書籍販売日
2011/01/27
ページ数
181ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
98.10MB
ファイル形式
PDF形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家