サイト内検索

  • 完結

小さな葛篭

お気に入り登録数 52

作家/出演者
シリーズ
  • 小さな葛篭(単話)
眠っている娘の傍らで、男とセックスしている母。アソコから滴り落ちる精液は娘の顔の上にたっぷりと注がれる。母は言う、「そろそろ犯したいんでしょう?私の大事な…一人娘を」と。娘の体は日に日に大人へと成長している。毎晩男のことを思ってオナニーもしているという。母は「処女肉をえぐってあげて」というが、男はまだその時ではないと感じているようだ。母娘の貝合わせしているその間にチンポを入れてこすりつけるが。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2013/09/13 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
4ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.07MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家