サイト内検索

  • 完結

はつもうで

お気に入り登録数 28

作家/出演者
シリーズ
  • はつもうで(単話)
除夜の鐘は108回撞くことで煩悩が消える。初詣の夜、佳菜と賢治は境内の隅でフェラをしている。108回の射精を目指して。賢治は無理だと言うけれど、佳菜はやる気満々。今日の佳菜はいつもより激しいようだと賢治は思う。挿入すると絡みついてきてすごい快感。もしも今年中に108回できずに来年に残したら、利子が付くと佳菜は言う。利子が一日5回の追加なら、もう来年はつながりっぱなしになるのは決定?除夜の鐘を聞きながら、逆に煩悩が増えているのをひしひしと感じる二人だった。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2010/06/04 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
4ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
1.28MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家