サイト内検索

  • 完結

クモリノチクモリ

お気に入り登録数 9

作家/出演者
シリーズ
  • クモリノチクモリ(単話)
おにーちゃんのところに、姪のアキラが預けられる。目が合うと、アキラはまっすぐおにーちゃんのところに来て、胸に顔をうずめる。「おにーちゃん好きー」と。アキラはおにーちゃんの匂いがお気に入りなのだ。今日もえっちをする。これは二人だけの秘密だ。アキラは最近ちょっとだけおっぱいが大きくなってきた。おにーちゃんが刺激してくれてもっと大きくなる。おまたはぬるぬるになって、ぱんつはびちゃびちゃ。まだ全部入りきらないから、途中まで。でもアキラはその気持ちよさでもううっとり。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2012/11/21 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
8ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.09MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家