サイト内検索

  • 完結

純子の菓子 前編

お気に入り登録数 27

鍵っ子の純子が帰宅しても家には誰もいない。学校で友達の杏奈が見せてくれた本のことを思い出すと、純子の身体は疼いてくる。純子がオナニーに使用するのはビーズ状のゼリーチューブ。アヌスに入れて一気に引き抜く。そういえば学校で杏奈が言っていた、「おしりの穴ってあんなにまで広がるの」という言葉。ここまで広がってきたのなら、もうラムネグミの入っていたプラケースも楽勝かもしれない。奥まで入れて出してを繰り返すと、おしりに快感が押し寄せる。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2012/10/21 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
12ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.62MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   2話まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。

1~2件目 / 2件

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ