サイト内検索

  • 完結

宇宙刑事と爆弾少女

お気に入り登録数 12

作家/出演者
シリーズ
  • 宇宙刑事と爆弾少女(単話)
若菜と先生はエッチな関係。でも、それはつきあっているからとかじゃない。先生は自分を宇宙刑事だと言っている。そして、若菜の身体には、宇宙人によって全人類を滅亡させる爆弾がしこんであると。それを防ぐには、先生とセックスするしかない。若菜はそんな話を全く信じず、バカバカしいと思っている。でも、バスケのとっても上手な先生だから、好きなようにさせてあげる。今日、先生は秘密兵器を持ってきた。アナル用の責め具を入れられ、若菜はその痛みに泣きわめく。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2010/09/21 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
26ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
10.60MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家