サイト内検索

  • 完結

お姫様の手袋

お気に入り登録数 34

作家/出演者
シリーズ
  • お姫様の手袋(単話)
姫乃は大富豪の令嬢。彼女にかしずく人間は多かったが、特にお気に入りの執事のことは、二人きりの時だけ「お兄ちゃん」と呼んでいた。今日は姫乃の誕生日パーティー。彼女は美しいドレスに身を包み、憧れのシルクの手袋をはめる。その滑らかな肌触りにうっとりしながら、姫乃は執事のチ○ポをしごく。そしてとうとうその日、二人は一線を越えたのだった。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2009/02/20 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
18ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.56MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家