サイト内検索

  • 予約
  • 独占
  • DMM先行
  • NEW
  • 完結

桃尻団地ママさんバレー同好会

お気に入り登録数 313

作家/出演者
シリーズ
  • 桃尻団地ママさんバレー同好会
黒木秀彦先生。初の連作長編「桃尻団地ママさんばれー同好会」 8話および「ネトラセの妻」前後編2話。全10話。「桃尻団地ママさんバレー同好会」1話〜8話
主人公フグリはアルバイトで生計を立てている青年。
ちょっとぼんやりとしているけど、とても優しい性格だ。
だがエロに関する嗅覚は長けている。
ある時土手を散歩しているとバレーボールが飛んできて避けようとして
電柱に激突。気を失い、気づくと、体育館の女子更衣室に寝かされていた。
ママさんバレーのチームによって介抱されていたのだ。
そのチームには母の親友、棟代さん。そしてキャプテンの栗戸さん。
チビさん。セクシーな色間さんなどがいた。正気に戻り自宅に帰ろうとしたのだが、
スマホが無いことに気づき、更衣室に引き返したところで、足を捻ったという色間さんと遭遇する。
彼女はマッサージをして欲しいと言い出す。優しいから応えるフグリ。
股間近くの微妙な位置を触れても嫌がらないので、これは誘惑されている
と確信したフグリはキスを仕掛けていく。更衣室で結ばれる二人。だが、棟代は
フグリの靴に気付き、スマホを靴に戻した。色間さんとのエッチを母の親友、棟代の
おばさんに知られてしまったのだ。
果たして、主人公フグリの運命はいかに!?
次から次へと色っぽい人妻さんが登場。そして、ついにフグリは最愛の女性と巡り合う。
黒木秀彦ファン必読の傑作長編に仕上がりました。

他に「ネトラセの妻」前後編。こちらは安定の不倫コメディです。



価格
1,188円
[参考価格] 紙書籍1,188円
読める期間
無期限
2017/05/25
※変更になる場合があります。
クレジットカード決済なら
11pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/05/25 00:00
紙書籍販売日
2017/02/25
ページ数
209ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
90.00MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家