サイト内検索

  • 完結

夏の陽

お気に入り登録数 5

作家/出演者
シリーズ
  • 夏の陽(単話)
神社の脇の茂みで盛っていた所を小さな女の子に見られてしまった。お構いなしにセックスを終えるもまだその子はじっとこっちを見詰めていた。日は変わり、男が改めてそこを訪れるとまた女の子はじっとこちらを伺うように立っている。興味があるんなら教えてあげるよ、色々と。何もかもが小さいその身体に頭も身体もおかしくなってしまいそうだ……。
価格
324円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2012/11/28 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
22ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
11.10MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家