サイト内検索

  • 完結

信仰の消えた日【単話】

お気に入り登録数 22

作家/出演者
シリーズ
  • 信仰の消えた日(単話)
孤児院育ちの心優しきシスター・セラは、ある日
村人たちの裏切りによって奴隷商人に売られてしまう。
だが、それからしばらくが経ったある日、
彼女は想い合っていた神父・アーサーの前に帰ってきた。
驚く神父を押し倒すと、セラはそのままフェラを開始。
さらにボンデージ姿になるとスマタで肉棒を扱きだす。
激しい責めによって肉棒をギンギンにしたアーサーは、
セラが豹変した理由も知らぬまま挿入を懇願するが、
快楽を味わい足りない彼女は簡単にはそれを許さなかった。

※『二次元コミックマガジン 悪堕ち逆レイプで悶絶快楽!Vol.3』に掲載されている作品です。
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/01/09 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
33ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
21.70MB
ファイル形式
PDF形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家