サイト内検索

  • 完結

胎動するなにか【単話】

お気に入り登録数 42

作家/出演者
シリーズ
  • 胎動するなにか(単話)
図書室で一人オナニーするのが日課の女子学生。
ある日、不気味な表紙の本を見つけたところ、意識を失ってしまう。
自室のベッドで目覚めた彼女は自身の身体に絡み付く触手に気付く。
耳元で囁かれる謎の声に自身の痴態を暴かれながら、既に拡張済のお尻の穴に
触手を挿入されてしまう。
さらに尿道にも触手を挿入され、強制的に排泄物を吸われて絶頂してしまう女子学生。
無情にも触手は直腸に魔物の子供を産み付けてしまう。
もう終わってほしいと思う女子学生であったが、魔道書の眷属の蟲が尿を求めて女子学生を襲う。
膣を犯され尿を吸われ強制的に与えられる快楽に悶絶しながら、女子学生は魔道書の苗床と化してしまうのであった。

※『二次元コミックマガジン尿道アクメで悶絶絶頂!Vol.2』に掲載されている作品です。
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2015/10/07 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
20ページ
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
16.20MB
ファイル形式
PDF形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家