サイト内検索

  • 完結

警官と変態と私

お気に入り登録数 3

作家/出演者
シリーズ
  • 警官と変態と私(単話)
給食を食べきれずに居残りをさせられた私は口の中が魚くさくなって文句を言っていた。そんなとき、知らないおじさんに口直しをしてあげると言われ、目をつぶると口の中に長い棒のようなものを突っ込まれる。上の口はそんなに満足できなかったけど、下の口は…!!
読める期間で選ぶ
324円
216円
クレジットカード決済なら
3pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2008/07/11 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
8ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.99MB
ファイル形式
PDF形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家